キャッシングをしたことがない場合、お申込み金額は10万円までにしましょう

もし、あなたがキャッシングをしたことがないなら、キャッシング金額は10万円までに抑えておいたほうがよいでしょう。これは、あなたが今申し込もうとしているキャッシング会社での信用があまりないためであり、信用を上げるにはきちんと返済を行っていく必要があるためです。

 

このような信用がない状態では、仮にそれ以上の金額で申し込んだとしても審査では不合格となりやすく、不合格の情報も残されることになり、今後のキャッシングするときにも不利となってしまいます。ですから、キャッシングをしたことがない会社ではまずは10万円までといった少ない金額にしておいたほうがよいのです。

 

無利息期間のあるオススメキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

利用したことがなくても、10万円までであれば審査では合格しやすくなる

10万円といった少ない金額で申し込めば、消費者金融、銀行いずれであっても、審査で合格できる確率は上がると思われます。理由は簡単で、少ない金額であれば、万が一、返済が行われない状況になってもそれほど痛手とならないためです。

 

ただ、誰でも10万円以下であればキャッシングできるというわけではなく、パートやアルバイト等で定期的に収入を得られていなければなりません。とはいえ、キャッシングの経験がないということで、他からのキャッシングもなく、返済を遅らせたような経験もないことから、上記の条件さえ満たしていることによって、10万円までであれば、比較的容易に審査で合格できるものと思われます。

 

住宅ローン、カーローンを利用しているかたは注意が必要

消費者金融などでのキャッシングの経験はなくとも、住宅ローン、カーローンを利用しているかたは多少注意が必要です。ローンの金額が少なければ、審査ではあまり影響しないかもしれませんが、金額が多いなどとなると審査では不利になってきます。

 

なかでも住宅ローンの金額については、審査では必ず見られる要素となっているので、月々の支払いが多いとなるとほぼ不合格になると考えていただいてよいかもしれません。そして、このことに関してもう1つ付け加えるなら、各々のローンの返済がきちんと行われていないケースで、このようなケースでも審査では不合格となりやすく、これは、ローンの返済についても信用に関する情報として残されていることがあるためです。

 

ちなみに、このように残されるのは通常は61日以上とされてはいますが、それ以下であっても、悪意が感じるような遅れだともっと早い日数でも残されると言われています。ですから、キャッシングでなくても、借りたものはきちんと返済することが何より大事なのです。

 

少ない金額のキャッシングであれば、消費者金融を利用したほうがよい

10万円までのキャッシングあれば、金利がほとんど変わらないという理由から、消費者金融の利用を勧めたいです。

 

他にも、10万円までの金額ということで、至急お金を受け取りたい場合が多く、そのような希望を叶えてくれるのが消費者金融であり、かつ審査にも合格しやすいということが挙げられます。

 

消費者金融の審査は最も早いかたは30分で終わる

アコムやプロミスなどといった有名な消費者金融であれば、どこであっても早いかたは30分で審査を終わらせることができます。実際にお金を受け取るまでとなると、振込みをするまでの手続きもあることから1時間ぐらいとなってしまいますが、それでもかなり早いことに変わりありません。

 

一方、銀行のキャッシングでは、30分とはならず、早くても当日中ということですので、お金を受け取れるまでのスピードでいえば消費者金融が断然だということが分かります。

 

消費者金融は銀行と比べ、審査で合格しやすい

上記の続きとしてさらにあげるなら、消費者金融は銀行と比べ審査で合格できる確率が高いとされていて、逆に銀行では前述のように審査に時間を要することに加え、不合格となる確率も高いのです。そしてこのような審査で合格しやすい、しにくいということに関しては、”月間消費者信用”という紙面に出ていて、そこには審査が行われた際の合格率も記載されています。

 

その紙面のデータによると、消費者金融ではおよそ40%から45%、銀行では同じく20%から30%だそうです。しかし、この数値は審査を受けるところ、季節でも違ってくるものなので、参考程度にしてもらいたいのですが、一応消費者金融と銀行では合格率に2倍の差があるということは頭に入れておきましょう。

 

10万円であれば、金利はほぼ同じ

冒頭でもお話ししましたが、10万円といった少ない金額のキャッシングであれば、消費者金融、銀行いずれを利用したとしても金利はほぼ同じです。例を挙げるなら、10万円を30日間キャッシングしたとすると、消費者金融では金利分が1500円、銀行では1200円となります。

 

言うまでもなく、10万円であれば30日間のキャッシングでたったの300円となり、さらにこれを30日間で半額を返してしまえば、150円となるのです。以上のことからも、一般的には銀行のキャッシングは金利が低いとはいわれますが、少ない金額であれば容易にキャッシングが行える消費者金融を利用したほうが賢明だということが分かります。

 

キャッシングをすることに労力、神経を使わない

キャッシングは借りることができれば、それで終わりというわけではありません。審査で合格し現金を手に入れ、問題が解決したなら、その時点から、返済へ向けて今度は自分でお金を稼ぐことが大切になってくるのです。

 

ですから、早く問題を解決するという意味でもキャッシングをすることに必要以上の労力や神経を使うことのないよう、審査で合格しやすいとされている消費者金融を利用したほうがよいと言えます。

5万円を今日中に借りたい!簡単な即日キャッシングとは

キャッシングは信用貸付です。その為、高額な融資を受ける為には相応の信用がなくてはなりません。しかし少額の融資なら比較的ハードルは低くなります。5万円程度なら即日で簡単に借りることも不可能ではないのです。

 

もちろん、他社からの借入金額が多い方や信用情報がブラックの方は少額の融資も簡単ではないでしょう。しかし大多数の方は問題なく当日中に借りられるはずです。

 

5万円を借りるなら消費者金融の利用がお勧め

キャッシング商品には融資限度額が決められています。しかしたいていの商品で融資限度額は数百万円になっているので、希望融資額が5万円ならどのキャッシング商品を利用しても限度額オーバーになることはありません。

 

今日中に5万円を借りたいなら、やはりお勧めは消費者金融でしょう。消費者金融は銀行カードローンよりも若干金利が高めですが、迅速な対応が魅力です。そもそも5万円程度の少額融資なら金利による利息の差もそれほど生じないので、より手軽に利用することが出来る消費者金融の方が合理的なのです。

 

金利の差が影響するのは30万円から

消費者金融と銀行カードローンの金利の差が利息にも影響を及ぼして来るのは、概ね30万円の借入あたりからです。それまでは利息に差が出ると言っても微々たるもので、大きな差異を生じるものではありません。金融機関からお金を借りる際は、借入希望額によって利用する金融機関を使い分けてみると良いでしょう。

 

消費者金融は無利息期間が魅力的

5万円を消費者金融で借りる利点は、手軽さだけではありません。消費者金融会社では無利息期間サービスを行っていることが多い為、少ない利息負担でお金が借りられるという利点もあるのです。プロミスやアコム等の大手消費者金融では、30日間無利息サービスを行っています。つまり、30日間は利息負担なしでお金を借りることが可能なのです。5万円の借入なら1か月で返済することも難しくない為、利息を1円も払わなくて済むかもしれません。

 

即日融資サービスが充実

少額の融資でも銀行カードローンを利用する人も多いかもしれません。銀行カードローンは低金利と安心感が魅力ですが、融資までに時間が掛かってしまう場合も珍しくありません。5万円くらいの少額の借入を希望する理由は人それぞれでしょう。しかし多くの場合、急遽お金が必要になって急いでキャッシングを利用しようとしているはずです。

 

急いでお金を借りたい状況下では、銀行カードローンでは時間が掛かり過ぎてしまう可能性が否定できません。そもそも銀行カードローンは土日祝日の即日対応を行っていないケースが多いものです。消費者金融なら土日も即日対応をしている場合があるので、今すぐお金を借りたい方に最適です。

 

銀行カードローンの中ではレイクがお勧め

銀行カードローンの中にも、少額融資にお勧めできる商品があります。それが新生銀行レイクです。レイクはもともと消費者金融でしたが、現在は銀行カードローンとして消費者への貸付を行っています。そして、非常に魅力的な『5万円まで180日間無利息』というサービスを行っているのです。

 

このサービスは初めてレイクでお金を借りる人しか利用することは出来ませんが、5万円の借入なら自動的に180日間無利息サービスが適用されます。1か月では完済できない場合でも、180日間無利息で良いので、少しずつゆっくり返していくことも可能です。5万円以上の借入の場合でも30日間の無利息サービスが適用されるので、利息負担を減らしたい方はレイクの利用がお勧めです。

 

専業主婦は銀行カードローンでお金を借りよう

消費者金融には様々な魅力があります。しかし、消費者金融をお勧めできない例外も存在します。その一つが専業主婦の借入です。消費者金融では、自身の収入を得ていない消費者への融資を行う事が出来ません。専業主婦は主婦業を専業としており、自身の収入を得ていない存在となっています。配偶者に収入があっても、消費者金融で専業主婦が自身の名義でお金を借りることは基本的に出来ないのです。

 

専業主婦が5万円を借りたい場合は、銀行カードローンを利用しましょう。銀行カードローンは低金利なだけでなく、総量規制の対象外になっていることから専業主婦の利用も可能という利点を持っています。銀行カードローンでは対応に少々時間が掛かる場合もありますが、専業主婦が低金利でお金を借りるには最適です。

 

銀行カードローンなら夫にもバレない

また、銀行カードローンを利用すれば夫にバレずにお金が借りられるというメリットもあります。銀行によって対応には違いがありますが、東京スター銀行やイオン銀行等は、配偶者の同意書がなくても専業主婦の利用が可能になっています。

 

生活費の為に5万円を借りたい主婦の場合、やはり夫には知られずにこっそりキャッシングを利用したいと考えているはずです。銀行カードローンなら、無収入の専業主婦が誰にも内緒でお金を借りることも不可能ではありません。自身の収入を得ている兼業主婦なら消費者金融を、収入のない専業主婦なら銀行カードローンを利用して、5万円を借りてみてください。

はじめてのキャッシングなら大手が安心です!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日