本人確認証明できるものがあれば基本的には大丈夫

消費者金融であろうとも、銀行カードローンであっても、基本的に必要な書類は本人確認できるもの、運転免許証などだけで大丈夫です。

 

収入証明書は必要ではないのか、と思われるでしょうが、収入証明書は必要な場合な場合が限られるのです。

 

収入証明書が必要になる場合

 

借入金額が高額になるとき

まず、一般企業に勤めている方、公務員の方などの社員さんの場合は、収入証明書は高額融資を受ける際にのみ必要になります。銀行カードローンの場合は、大体300万円以上の融資を受ける際に必要になります。

 

東京三菱UFJ銀行の場合は100万絵院以上、みずほ銀行カードローンならば200万円以上と、多少の違いはありますが、その他の銀行の場合は300万円以上が普通だと覚えておけば大丈夫でしょう。

 

また、本人確認できる書類は運転免許証が一番オススメです。それ以外のものでも構いませんが、できるだけ顔写真の付いているもの、パスポートや住民基本台帳カードなどにしましょう。

 

自営業、法人経営者の場合

自営業や法人経営者、フリーランスの方の場合は収入を証明できる書類の提出が必須事項です。借入金額がいくらであろうとも必ず必要になるので準備しておきましょう。

 

利用できる書類は、確定申告書、納税証明書、課税証明書、住民税決定通知書、所得証明書、などです。一部名称が違うだけで同じものもあるでしょうが、様々な名称があるので分り易く表示しておきました。

 

また、所得証明書は国がまとめてくれる書類なので非常に便利なものです。こちらは様々なことにも利用しやすいので、ぜひとも持っておいて損のないものです。

 

 

無収入の専業主婦が借入する際に必要な書類

所得証明書が必要になる場合は書きましたが、逆に利用者によって必要になる書類が大きく異なるパターンがあります。その中でも代表的なのは、無収入の専業主婦の方が借り入れを利用する際に必要になる書類です。基本的に必要な書類は、本人確認証明書、配偶者の同意書、住民票などの配偶者との関係を証明できる書類、の三つになります。

 

本人確認証明書は必ず必要なものとして共通していますが、残りの二つは無収入の専業主婦独自のものです。夫の収入を利用して返済に充てる訳ですから、夫がいることを証明できる書類として、住民票などが必要になるのは分かるでしょう。しかし、一番ネックになるのは配偶者の同意書です。

 

配偶者に同意してもらうということは、夫にキャッシングを利用することを知られてしまう、ということです。もちろん、夫に知られずにキャッシングしたい方も多いでしょう。そのためか、現在では配偶者の同意書を無しで借りれる場合が多くなっているのです。

 

また、注意が必要なのは無収入の専業主婦の場合は消費者金融が利用できず、必ず銀行カードローンを利用することになり、しかも限度額は30万円と少額になることです。ですが、見方によればかなりのメリットでもありますので、銀行でしか借りられない、と言う程度の認識で結構です。

 

本人確認だけで借りられる銀行がある

また、専業主婦の方のキャッシングの場合であっても、他の会社員などと同様に本人確認できる書類だけでキャッシングを利用させてもらえる銀行があります。同意書も住民票も不必要です。

 

楽天銀行と横浜銀行ですが、横浜銀行は地方の方がりようできませんので、地方在住の場合は楽天銀行を利用することになるでしょう。横浜銀行は夫の名刺を提出しなければなりませんが、楽天銀行の場合はそのようなことも特にないので気軽に利用することができるでしょう。

 

学生キャッシングの場合

学生でもキャッシングの利用は可能です。こちらは専業主婦の場合と違い、銀行カードローンと消費者金融のどちらでも利用することは可能ですが、やはりオススメなのは消費者金融の方になります。その理由には、必要書類として親の同意書が必要になるからです。

 

専業主婦の場合と同様に、学生がキャッシングを利用する際にも親に知られたくない、ということを考えている方は多いようです。こちらも無しで借りられるようになればいいのですが、親の収入から返済に充てる場合もあるでしょうから、どうしても避けられないようです。また、銀行カードローンを利用する際には学生証は不要です。

 

逆に、アルバイトをしていたりするのなら、消費者金融の方がかなりオススメです。中には学生専用のローンコースを設けている場合もあり、こちらには学生証を提出する必要はありますけれど、親の同意書は必要ではありませんか、申込みの時点では親にバレてしまう心配は一切皆無、ということになります。

 

以上から、キャッシングを利用する際に、普通の人ならば借入金額が少なければ収入証明書は不要で、本人確認証明書があればよく、自営業などの場合には収入証明書が必須となり、専業主婦や学生専用のローンを利用する学生の場合は、それぞれ特別に必要となる書類が出てくるのです。

 

ですので、きちんとそれらの準備を怠らずに、利用する際に自分がどの書類が必要になるかをきちんと理解して、必要な書類を提出するようにしましょう。そうすれば、晴れてキャッシングも利用可能になるので、返済期限を守って利用しましょう。

はじめてのキャッシングなら大手が安心です!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日