ブラック状態の方でもお金を借りる方法

ブラックリストに載ってしまう、平たく言えば債務整理を行った後などの方は殆どの場合ではお金を借りることは不可能です。特に大手消費者金融や銀行カードローンの利用は絶望的です。

 

しかし、中にはどうしてもお金を借りなければならない、という状態に陥ってしまい、何が何でも借りないといけない、という方もいらっしゃるでしょう。そのような方に向けて、今回はブラック状態でもお金を工面する方法をご紹介いたします。

 

すぐに借りたいならオススメはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

お金を用意するための3つの方法

お金を手に入れるために一番堅実な手段は働くことですが、それではどうしようもないからこそ、他人の手を借りようと思っているはずです。その為の方法は3つですが、基本的には他人からお金を借りる方法と、自分自身の身の回りのものからお金を作る、という方法に分かれます。

 

質屋を利用する

お金を借りる以外ではおそらくこのやり方が最も堅実です。自分自身の所持品ですから、なかなか換金してしまうというのは踏み切れないことだと思います。ですが、そのお金がどうしても必要ならば四の五の言ってはいられませんね。簡単にお金を手にするのならば、身の回りにある高額なものから質屋に入れていくのが一番でしょう。

 

しかし、もうすでに債務整理を行っている場合、特に自己破産をした後では、手元にお金になるような物が殆ど残っていない場合もあります。いくら堅実なやり方だとは言え、お金にできる物が無ければ結局は二束三文で終わってしまいます。この方法はリスクを背負わない代わりに、手にできるお金が少額になる可能性が非常に高いのです。

 

ですので、高額のお金が入用ならば、あまり適したやり方だとは言えないでしょう。しかし、もうすでに借金にこりごりだ、という方ならばこのやり方意外はあまりやる気が起きないでしょう。いい点もあれば悪い点もありますが、何よりも借金と関わり合いがない、という点では一番いい方法かもしれませんね。

 

人から直接お金を借りる

ブラックリストに載っていることは、第三者に知られることは殆どありません。中には知っている方もいらっしゃるでしょうが、そのような方は身の回りにはいないでしょうし、いたとしてもその方はヤミ金と関わり合いのある方の場合が多いので、信用できない人です。

 

ですので、身の回りに自身の信用事故を知らない人がいれば、その方からお金を借りる、というやり方が一番でしょう。友人や親、場合によっては子供から、という手段が考えられます。身の回りの方を裏切りたくないのであれば、きちんとそのお金も返済しようとするはずですし、気持ち的にも借りやすいというメリットはあるでしょう。

 

しかし、その反面知りたくなかったことに直面する場合があります。お金が少額ならば素直にお金を貸してくれるかもしれませんが、金額が金額ならば必ず渋るはずです。説得して何とか借りることができるかもしれませんが、中には完璧に断られてしまうでしょう。

 

少なくとも、自分自身はすごく頼りにしていたのに、相手からすれば自分は信用できない人間だった、ということを知ってしまう場合もあります。お金の問題ですから仕方のないことかもしれませんが、どうしても裏切られたと感じずにはいられないでしょう。人からお金を借りるのであれば、きちんと誠意を見せることも大切です。良好な人間関係をしっかりと形成できている方には苦が無いかもしれませんが、そうで無い方にはなかなか難しいことでしょう。

 

会社や保険の貸付制度を利用してみる

生命保険や企業の中には、被保険者や従業員に対して貸付制度を設けている場合があります。そのような場合にはこれを利用してみるのも手でしょう。個人信用情報も特に関係はないので、借りられる可能性は十分に考えられます。急な出費に対しては、これはかなり有効な手段と言えるでしょう。

 

しかし、前提として貸付制度を設けている保険に加入していることや、設けている企業に就職していなければなりません。そうでなければ利用することはまずできませんし、そのような保険に加入してみようと思っても、またお金がかかります。転職するのも現状の社会では難しいでしょうし、実際に設けている企業は非常に少ないです。

 

ですので、このやり方はできる人とできない人が限られてしまいます。もともとそのような制度があるから保険に加入した、企業に就職した、という人はあまりいないでしょうから、実際問題かなり望み薄の方法です。

 

奥の手、中小金融機関を利用する

三つの方法を紹介しましたが、実はもう一つだけお金を工面する方法があります。それは地方のカードローンや中小の消費者金融を利用することです。

 

ブラックリストに載っているから、それはできないのでは?と思われるかもしれませんが、中小や地方のカードローンでは利用者が少なく、金利も高めのため、利用してくれるのならば誰であってもある程度は歓迎してくれます。もちろん、不利に働いてしまう条件ではありますが、可能性はゼロではありません。

 

ヤミ金に注意する

基本的には中小金融機関はヤミ金と同じではありません。ただし、その業者がヤミ金なのか、それともただの中小金融機関なのかを判断するのは大変難しいです。オススメなのは地方のカードローンを利用することですが、ヤミ金と出会ってしまわないようにしっかりと注意する必要があるでしょう。

 

借金をしないためのブラックリスト期間

大前提として、ブラックリストに載っている期間には借入をすべきではありません。自己破産などでやっとのことで借金から解放されたのに、また足を踏み出すのは再び借金に苦しめられる生活に自分から飛び込んでいることに他ありません。

 

そのお金が本当に必要かどうかを吟味する

急に出費が必要になった、ということはあるでしょうが、それはどうしても避けられないものでしょうか? 実際、よくよく考えれば避けられるものではありませんか? もしかしたら、債務整理を行ったことを知られないために見栄を張ってお金を使わなければならない、という状況ではありませんか? そのような場合なら、ヘタなプライドは捨てて潔くお金を払わない、借入をしない、という方向に意志を固めるべきです。

 

お金を使うことは可能な限りでは避けることはできます。交渉し、相手に譲歩してもらう必要がありますが、人間同士ですし、不可能なことではありません。もしもそこでこじれるような関係があるならば、それは捨て置いても構わないでしょう。借金をしないことの方がこれからの人生でよっぽど大切です。

 

お金に対する意識を変える

債務整理をした後は、必ずこれからのお金との向き合い方を再考しておきましょう。お金をすぐに使わない、きちんと溜めていく、そのように考えられるようになれば、今後の生活は借金に苦しめられない、素晴らしいものになるはずです。お金との向き合い方を考えるチャンスが、ブラックリスト期間ですので、安易に借金をする、お金を使う、という風な思考から脱却できるように努力しましょう。

はじめてのキャッシングなら大手が安心です!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日