実際には10万円が最低融資限度額

様々なサイト、あるいは口コミなどで消費者金融の最低融資限度額は30万円だ、と書かれていることがあります。しかし、実際の最低融資限度額は10万円です。

 

それ以下の融資限度額は設定されることは、消費者金融側にも資金回収をしたところで利益が生まれないので、絶対にあり得ません。ですので、例え1万円だけのキャッシングを利用したくとも、10万円の融資限度額を枠として貰うことになるのです。

 

10万円以下のキャッシングを利用したい場合

このような言い方をすると、10万円は最低でも借りなければならないのでは、と思われるかもしれません。ですが、その必要は全くなく、限度額が10万円となるのですから、そこから必要な金額だけを借りればいいのです。もちろん、金利もキャッシングしている現在の金額から算出されるので、1万円しか借りていないのに、10万円借入しているのと同じ金利を取られる、なんてことはありませんので、ご安心ください。

 

審査においては限度額を借りていると見なされる

もしも、10万円の融資限度額を貰い、1万円だけキャッシングしている際に、別の金融機関で審査を受けることになったときは、先ほどの例とは違い、この人は10万円のキャッシングを利用していると見なされてしまいます。クレジットの審査でもキャッシングの審査でもそのようにみなされてしまいますが、その理由としては現在借りている金額よりも、借入先の金融機関がどのくらいの融資限度額を設定したかで、その人の信用度を判断しているからなのです。

 

融資限度額は信用度の証

キャッシング業界においては、融資限度額=信用度、というのは鉄板の法則です。融資限度額が上がれば上がるほど、信用度は増しますが、逆に少ないと信用度は下がってしまいます。それを良く表しているのが、新規利用のアルバイト方の場合の融資限度額は基本的に10万円で、長い間利用している正社員の方は融資限度額が50万円に設定される、という例です。

 

新規利用の場合ならば多くの方が最低限度額になりますが、特にアルバイトの方は収入も多くありませんし、職業柄不安定な部分もあります。そのようなことを考えれば返済に対してあまり期待が持てないというのは想像に難くないでしょう。逆に正社員としてしっかりと働き、しかも何度も利用しきちんと返済している方ならば、多額の融資をしても安心できるというのも簡単に想像できますね。ですので、融資限度額がそのまま信用度の現れというのは筋の通ったことなのです。

 

そして、ちょうどその中間あたりの金額が30万円です。良く噂になっている金額ですが、これが適用される方の多くは正社員の方の場合です。特に新規の利用であっても、アルバイトとは違い収入が安定していますから、それぐらいの融資を与えたとしても返済はそう難しくはないと判断されるのです。

 

現状の日本社会では正社員の方が普通の生活をしている、いわばスタンダードとして考えられています。ですので、スタンダードな人が利用する上で、融資限度額として最も与えられやすい30万円が最低融資限度額として勘違いされていてもなんらおかしくないことなのです。

 

金利が大きく変わるのは100万円以上から

信用度により融資限度額はかなり変更しますが、50万円の融資限度額を受けたから、その分だけ金利が安くなる、ということはありません。10万円の融資限度額を受けるアルバイトの方と比べても金利は殆ど同じです。

 

これもまた、巷で良く聞かれる噂ですが、融資限度額を高く設定して申し込みをした方が得をする、という噂があります。これは全くの間違いです。金利の面では100万円を超えない限り得をすることはありませんから、全くの出鱈目だということが分かりますね。

 

消費者金融は金利についてはあまり公表していない

銀行カードローンの場合は、いくらまでは金利が何%か、ということをはっきりと公表していますが、消費者金融の場合は稀です。あるのはアコムの100万円までは一律18%ということぐらいです。大体他の消費者金融でも、100万円までの金利は18%が基本とされています。

 

ですが、公表しないのは利用者の信用度、いわゆるクレジットスコアを参照して、かける金利を変更したいからということがあるからなのです。ですので、同じ金額を借りていても金利が違う人が出ることがよくあるのです。もちろん、デメリットになる場合もメリットになる場合もありますし、それまでの利用者の行いが反映しているのですから、いいとも悪いとも言い難いことでしょう。

 

ですので、融資限度額は100万円を超えない限りはほとんどどこも同じになります。違いが出るとしても、当人のクレジットスコア次第ですので、どれくらい借入したとしても100万円以下ならこれと言ったメリットは生じないのです。

 

借入金額を少額に設定するメリット

しかし、申込みの際に借入金額を少額に設定することにはメリットがあります。それは、審査に通りやすくなることです。このことに関しては意味がない、と謳っているサイトや口コミもあったりしますので、やはりこれも業者次第かもしれませんし、利用者の信用度が影響することかもしれません。

 

ですが、いきなり高額の融資を受けようと思っても、希望している金額は稀です。むしろ、必要最低限度の金額を申し込んだ方が、業者からの心証も良くなることでしょう。例えば正社員であっても、10万円だけ必要な場合は、借入限度額を10万円で申し込みをすれば、この人は必要なだけしか借りない計画的な人だ、と思われますし、もちろん正社員ですので、10万円くらいならば返済に苦労することはないと判断されるので、審査に通過しやすくなることも十分に考えられます。折角だからと無理に大き目の金額を望んだら逆効果の場合もありますので、堅実に行くならば少額に設定して申し込む方がいいかもしれません。

 

在籍確認が不要になる場合もある

また、借入金額を少なく設定する場合、例えば年収1000万円の方が、20万円の融資を受けようとした際には、返済はかなり簡単だと判断され、在籍確認も無しに融資を受けられる、ということがあるようです。

 

在籍確認は基本的には避けられないことです。しかし、このような事例は口コミなどでも多く寄せられているので、実際に起こりうることです。その恩恵を受けたいのでしたら、ぜひとも試してみてはいかがでしょうか。

はじめてのキャッシングなら大手が安心です!

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日